ネットカジノ必勝法にマインドコントロール

ネットカジノ必勝法にマインドコントロール
現在、みなさんはネットカジノ・バカラで、勝つことができているでしょうか。

ネットカジノでは、なかなか勝つことができない。

必勝法を見つけることができない……、その原因はなんなのでしょうか。

あなたに欠けているのは、マインドコントロールなのかもしれません。

ネットカジノ必勝法は、しっかりマインドコントロールできることです。

バカラだけではありませんが、このようなマインドコントロールを学んでおくと、どのようなギャンブルにおいても、勝ちの確率をアップさせることができるでしょう。

大数の法則

ネットカジノ必勝法として、やはり、「大数の法則」もしっかり理解しなければならないでしょう。

大数の法則は、理論的確率と実際の確率は、ゲームの回数を重ねるほどより近くすることができるというルールです。

ただし、ネットカジノのバカラで、プレイヤーとバンカーの確率は50%と言われていますが、厳密に言えば、そうではありません。

プレイヤーの勝つことができる確率は約44.62%程度であり、バンカーが勝つことができる確率は、45.86%、そして、タイでとどまる確率は、9.52%です。

このような理論がある訳ですから、回数を重ねてしまっても、50%を下回ってしまうことになります。

ネットカジノで、やっぱりバカラがいいという方々は非常に多いですが、バカラでは、長い間ゲームにしがみついていても何もいいことがありません。

ですから、ネットカジノのバカラは短期戦で、また、ここでマインドコントロールというものが必要になって来ます。

ネットカジノのマインドコントロール

ネットカジノのバカラで、大勝利して大金をゲットする方々もいらっしゃることでしょう。

しかし、逆に全財産を失ってしまう方々がいます。

そこに存在しているものは、単純に運の良し悪しなのでしょうか。

それもあるかもしれません。

また、勝つことができる人たちは、必勝法をマスターしている人たちかもしれません。

しかし、それだけではネットカジノに勝つことができません。

勝つことができる人たちと勝つことができない人たちの違いは、状況判断をして、マインドコントロールすることができるか否かです。

ネットカジノには波がある

ネットカジノには波がある
まず、ネットカジノには波が存在していることは、あらかじめ理解しなければならないでしょう。

当たり前と言えば当たり前ですが、ネットカジノ必勝法などに集中してしまうと、必勝法によっていつでも同じリズムで勝つことができると錯覚してしまうかもしれません。

しかし、ネットカジノはギャンブルであり、ギャンブルとはそのような性質ではありません。

ここで必要されるマインドコントロールは、調子がいいときには掛け金を増やし、だいたいになってもいいでしょう。

かつ、調子が悪いと判断すれば、掛け金はできるだけ減らして、次に来るであろう波を待つことです。

プロフェッショナルのギャンブラーたちは、このようなマインドコントロールを無視しているのかと言えば、絶対にそうではありません。

そのような人たちも、絶妙に自己をコントロールしていることでしょう。

長くプレイに持ち込むことで、段々と不利な条件が整ってしまうので、自己の調子のいいとき、悪い時を見極めるレッスンをしましょう。

勝ち逃げの法則に従う

ネットカジノで負け続けている人たちがいますが、そのような人たちのことを機会があれば、じっくり観察してみるといいかもしれません。

そのような人たちに、決まった負け組のルールが存在しているのだと思います。

それは、私的にいえば、目標設定をしていなかったり、無理な目標値を設定いる方々です。

そして、勝つにしても、負けにしても、なんだかいつでもだらだらした感じでネットカジノと向き合っている方々です。

まず、目標は決定しなければなりません。

目標は、クリアできやすい設定にしておいて、目標に達成することができればゲームから離脱、つまり、勝ち逃げがネットカジノ必勝法です。

このような方法をいつも考え習慣化させることで、随分、ネットカジノの成績は変わるはずです。

これも大数の法則によるものです。

大数の法則の罠に陥る前に、ネットカジノから撤退しましょう。

ネットカジノで、勝ち組に絶対になりたいと思うのなら、謙虚なモチベーションも必要です。

資金が20%にすることができたら撤退、このような勝ち逃げのルールを決めてください。

負けをすぐに取り戻そうとするから勝てない

負けをすぐに取り戻そうとするから勝てない
人間は、どうしてもこのような行動に出てしまうでしょう。

それは、仕方のないことでしょうか。

ネットカジノをしている方々も負けてしまったとき、なんとしても取り戻そうという意識が働くことになります。

負けてしまったから、「次には勝とう!」という意識が起きてしまうことになります。

次に勝つことができたという方々もいらっしゃるでしょうけど、負けるという方々もいます。

これが、ネットカジノです。

そして、大きな負け続きになってしまう可能性も存在しているものがネットカジノです。

ネットカジノでは、負けはあります。

そのようなとき大事なのは、負けを時間をかけて取り戻そうというマインドコントロールです。

いかがでしょうか。

今回、ネットカジノ必勝法のひとつ、マインドコントロールについて解説しました。

一定の金額を賭けたとき、参加者の資金は必ず減少していきます。

それが、大数の法則であって、プレイヤー勝率約44.62%、バンカー勝率約45.86%に限りなく近づいてしまうからです。

ですから、ケースバイケースで、掛け金を調整する意識も必要になってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*