人気のオンラインカジノは勝ちやすいのか

オンラインカジノは勝ちやすいのか

オンラインカジノは他のギャンブルと比べると勝ちやすいという言葉をよく目にします。
どうして、オンラインカジノは他のギャンブルと比べて勝ちやすいのかということは、ある項目に着目をするとわかりやすくなります。

その言葉は控除率です。
この言葉は、ペイアウト率(還元率)の逆の意味をあらわす言葉です。
似た言葉でパチスロで使われる機械割というのがありますが、これは控除率やペイアウト率とは異なる意味を持つ言葉なので注意が必要です。
オンラインカジノは勝ちやすいのか

言葉の正しい理解

オンラインカジノが勝ちやすいかを理解するためには言葉の理解は欠かせません。
他のギャンブルとの比較をする上で、理解が必要な言葉がいくつかあります。

控除率
ギャンブルにおける控除率は、ある賭けに対してどれだけ手数料を取られるかというものを表す数字です。
手数料の他に参加料なども控除率の中に含まれます。
この控除率はハウスエッジともいわれギャンブルの胴元の取り分と考えることができます。

ペイアウト率(還元率)
控除率に対して、ある賭けに対してどれだけの割合で払い戻しされるのかを表す言葉です。
一般に控除率とペイアウト率(還元率)は同じものを異なる立場から見た数字と言えます。

機械割
この機械割は多くの人がペイアウト率(還元率)と同じ意味の言葉と理解をしているようですが、実際は違うものを意味する言葉です。
機械割とは、パチスロの設定表示で利用される数字です。
入れたメダルの枚数に対して払い戻されるメダルの枚数を表します。

例えば、1000ゲームパチスロを遊戯すると3枚賭けのため3000枚のメダルを消費します。
機械割が95%の場合は、3000枚×0.95=2850枚の払い戻しが期待できるという意味です。
機械割が105%の場合は3000枚×1.05=3150枚の払い戻しが期待できることになります。

仮に1日、機械割95%のパチスロを10000ゲーム行うと、入れるメダル数は30000枚となり必要な資金は60万円となります。
一方出るメダルは28500枚となり、これを等価で換算すると57万円となります。
実はここに大きな落とし穴があります。

なんだ、機械割もペイアウト率(還元率)と同じと思った人はここからよく読んでください。

実際10000ゲーム回すのにに60万円はかかりません。
仮に1000円で33ゲーム回せると仮定しましょう。
10000ゲーム回すのにかかる投資金額は約30万円となります。
さらにボーナスを期待値通りに引くと仮定すれば40回以上のボーナスを引きますから実際にかかる投資金額はおのずと低くなり約5万円ほどになります。

その上で機械割95%だとマイナス3万円の収支となりこれをペイアウト率(還元率)に換算するとなんと60%にまで下がることになるのです。
言葉の正しい理解

各ギャンブルの控除率とペイアウト率(還元率)

 数字のマジックについて理解できたところで、各ギャンブルの控除率とペイアウト率(還元率)を確認します。

             控除率   ペイアウト率
競馬等公営競技    20%~30%  70%~80%
パチンコ・パチスロ  約15%~20% 約80%~85%
宝くじ         約50%     約50%
オンラインカジノ    約3%     約97%
 
一覧表で確認ができる通り、オンラインカジノは控除率約3%、ペイアウト率(還元率)97%となり、とびぬけてペイアウト率(還元率)が高く、控除率が低い事実があります。

ギャンブルはビジネス

ギャンブルはビジネスと成り立っている事業です。
ビジネスとして存在する以上収益を上げなければ存続が不可能となります。
その為、一定の控除率が発生しなければ成り立ちません。

 投資金額から控除率を差し引いた金額がペイアウト率(還元率)となるのです。
その為、ペイアウト率(還元率)が高ければ高いほど勝ちやすいと言えます。
この視点から確認すれば、オンラインカジノが勝ちやすいギャンブルであることの確認ができます。
そして、しっかりと理解をしておくべきことは、理論上、還元率は100%を超えることはありません。
このことは基本ギャンブルは胴元が儲かる仕組みの上に成り立つビジネスであることを意味しています。

オンラインカジノゲームのペイアウト率(還元率)

オンラインカジノゲームのペイアウト率
最後にオンラインカジノゲームのペイアウト率(還元率)を確認しておきます。
オンラインカジノには様々な種類のゲームがありますが、ゲームにより若干のペイアウト率(還元率)の差があります。
ゲーム性が異なるゲームでペイアウト率(還元率)にも若干の差がありますから、そのことを理解して遊ぶことでも勝率を上げることは可能になります。

               控除率   ペイアウト率
バカラ            約2%      約98%
ブラックジャック   約0.40%~0.80% 約99.20%~99.60%
ルーレット          約3%       約97%
ポーカー            約2%       約98%
ビデオスロット       約3%~5%  約95%~97%
ジャックポット付きスロット 約5%~10%  約90%~95%

まとめ

ペイアウト率(還元率)と控除率からオンラインカジノは他のギャンブルと比較する中で圧倒的に価値やすいギャンブルということが言えます。
しかし、「勝ちやすい」であって「勝てる」ではありません。
ギャンブル自体がビジネスであり、必ず胴元が儲かる仕組み位の上に成り立つ娯楽です。
そのこと自体はしっかりと理解をする必要があります。

それでも、他のギャンブルと比較をして勝ちやすいギャンブルであることは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*