違法ではないことが証明されているギャンブル

オンラインカジノの安全性について

オンラインカジノの安全性について

オンラインカジノは世界に4000万人にも上るプレイヤーを抱えるギャンブルですが、日本においての人気はまだそれほど高いものとはなっていません。
なぜ日本でのオンラインカジノ人気は海外と比べて低いのかというと、それはオンラインカジノというギャンブルが持つ安全性についてあまり知られていないからです。

パチンコや競馬が日本で高い人気を見せているのは、安全に楽しめるギャンブルだと認識があることが土台にあるからでしょう。
大切な資金を賭けるのですから、なによりも安全性がしっかりしていなければ、手を出そうとは考えないはずです。

それではオンラインカジノは安全性の面で不安があるのか、といえばそんなことはありません。
オンラインカジノの海外での人気は、日本のパチンコや競馬と同じく、高い安全性を持っているギャンブルだからこそ得られているものです。
オンラインカジノの運営元は上場企業であったり、海外のサッカーチームのスポンサーになっていたりと知名度、信頼度共に高い企業である場合がほとんどです。
万一、運営するオンラインカジノで不正などが起こってしまうと、企業としての価値を大きく下げてしまうため、常に安全性が高く、公平性に優れたギャンブル提供に力を入れています。

また、オンラインカジノを運営するには、運営元の企業が置かれている国の政府よりライセンスを発行してもらわなければなりません。
ライセンス発行審査は合法ギャンブルと認めるための審査でもあるため、その審査は相当に厳しい内容となっています。
当然ながら、資金に関しては溢れるほどの余力が必要となりますし、どのようなソフトウェアを使用し、そのソフトウェアがどれだけ安全なものかについても調べ上げられます。
背後関係もクリーンでなければならなく、関係先にマフィア等が寛容していないかについても徹底的な調査が入ります。

こうした審査を無事にクリアし、安全性について問題ないと判断された上で、海外政府の名の下に運営を許可するライセンスが発行されます。
オンラインカジノの運営元は、知名度、信頼性があるだけでなく、こうした海外政府の審査を突破しているため、一切不正のない安全性に長けたギャンブル提供を行うことができています。

日本の法律では違法と認められていない

日本の法律では違法と認められていない

日本の法律の中には違法ギャンブルを取り締まるための賭博法という法律があります。
この賭博法は、『日本国内で行われる、公営ギャンブル以外のギャンブル』に対して法的効果を持っています。

オンラインカジノはもちろんのことながら公営ギャンブルではありません。
そのため、賭博法の対象となるところなのですが、オンラインカジノは賭博法では裁くことができません。

実際に賭博法として裁くには、定められた条件を満たす必要があります。
その条件の一つが、胴元と張り子が同時に存在するというものです。
胴元が開いた賭場に胴元と張り子が同時に存在してこそ、違法ギャンブルとして賭博法で裁くことができます。

オンラインカジノは、胴元の運営企業は海外にあり、ギャンブルを行う側は日本にいることになるため、この賭博法の条件にはあてはまりません。
そして、賭博法自体が日本のギャンブルを取り締まる力しか持っていないので、海外ギャンブルであるオンラインカジノにはどんな法的効果も発揮することができません。

このように、オンラインカジノは賭博法にあてはまらないことから、現在の日本の法律においては違法ギャンブルとは認められませんので、利用したからといって逮捕されるような事態になることはありません。

過去の事件で違法性のなさが証明されている

過去の事件で違法性のなさが証明されている

オンラインカジノの日本での利用の安全性を決定づけたのは、2016年に起こったスマートライブ事件の結末によるものでした。

2016年、当時大人気だったスマートライブというオンラインカジノを利用していた日本人3名が逮捕されるという事件が起こりました。
それまで、オンラインカジノは法律に引っかかることなく楽しめると言われていたため、日本人のオンラインカジノ利用者には大変大きな衝撃を与えました。

逮捕理由は、スマートライブがライブゲームで日本人プレイヤーを採用するなど、日本人に焦点を合わせたギャンブルだと判断されたからです。
逮捕されたうちの2名は裁判にまで持ち越すことなく、略式起訴を選び罰金刑に処されましたが、もう1名は逮捕理由を不服として裁判で違法性のなさを主張しました。
そして、その裁判の結果なんと不起訴を勝ち取りました。

不起訴になったということは、検察が罪を立証できなかったということです。
こうしてこの不起訴処分という結果を得られたことにより、現在の日本の法律上オンラインカジノの利用は違法とは認められないことが証明されました。

この事件が日本人のオンラインカジノ利用者に大きな安心を与えたのは言うまでもないことでしょう。
そして、海外と比べるとまだまだですが、この事件をきっかけに日本人のオンラインカジノ利用者の数は増加傾向にあり、今でもその利用者数の増加は続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*