安全性とペイアウトが高い理由

オンラインカジノはネット環境さえあればすぐにでも始められるコンテンツです。
web上で楽しめるギャンブルではありますが、実際のギャンブル同様、お金を賭けるので勝利すれば利益になります。
手軽に楽しめるだけではなく、オンラインカジノで大きな利益を獲得している人が多い点もまた、人気の要因です。

ペイアウトから考察するオンラインカジノ

オンラインカジノはペイアウトが97%、あるいはそれ以上あるのではと囁かれています。
ペイアウトとはオンラインカジノだけではなく、どのギャンブルにも設定されている還元率です。
遊戯者が使ったお金のうちどれだけ遊戯者に返すのかの目安で、例えばパチンコやスロットはおよそ80%と言われています。
公営ギャンブルとして認められている競馬や競輪で70%、宝くじに至っては50%前後と囁かれていることからも、オンラインカジノのペイアウトの高さが分かるのではないでしょうか。

オンラインカジノはペイアウトが高いので、それだけ多くのお金が返ってくることになります。
勝率を意味したものではなく還元率である点は注意が必要ですが、遊戯者全体で使ったお金のうち97%程が戻ってくることを考えると、大きなチャンスがあることが分かるのではないでしょうか。

なぜこれほどまでにペイアウトが高いの?

素朴な疑問として、オンラインカジノのペイアウトの高さに「なぜここまで他と違うのか」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。
数字だけを見れば、とにかく「圧倒的」な高さですが、ペイアウトの事情を考えると高い数字が決しておかしなものではないことに気付かされます。

オンラインカジノだけではなく、どのようなギャンブルも遊戯者が支払うお金こそ、いわば「売り上げ」になります。
そのお金で設備の維持費や人件費等を支払わなければなりません。
宝くじであれば宝くじ券の印刷や販売所のスタッフの人件費、印刷所から販売所まで輸送するコスト。
これらをすべて遊戯者が購入したお金から捻出しなければなりません。
パチンコやスロットであれば借りている土地や建物であれば常に家賃がかかりますし、自社で持っていれば固定資産税がかかります。
また、建物の光熱費、スタッフの人件費、台の補充やメンテナンスなどお金がかかるものです。

一方のオンラインカジノの場合、サーバーにカジノのプログラムを置くのみです。
つまり、運営費用を最小限で抑えられるのです。
これにより、高いペイアウトが実現しているのです。

勝負は時の運です

もちろん、ペイアウトが高いからといっても「必勝」ではありません。
ギャンブルである以上、勝負は時の運なので勝利することもあれば負けてしまうこともあるでしょう。

しかし、オンラインカジノのメリットはペイアウトが高いので勝利の際、戻ってくるお金も多い点にあります。
他のギャンブルでは手に出来ないような額を一瞬にして手に入れることも出来ます。
ペイアウトの高さは勝率ではありませんが、多くのお金を還元してくれるので勝利の際に戻ってくるお金も多いのです。

特に最近ではパチンコで出玉規制が行われるなど、ギャンブルに対しての風当たりが強まっていることを考えると、オンラインカジノによる「一攫千金」がどれだけ魅力的なものなのかが分かるのではないでしょうか。

イカサマが気になるけど大丈夫?

オンラインカジノのペイアウトの高さを分かっていただけたかと思いますが、「勝てばの話でしょ?」と思った方も多いのではないでしょうか。
また、ギャンブルにありがちな「イカサマでもあるのでは?」と疑っている人がいても不思議ではありません。
ましてやオンラインカジノはコンピューターによって管理されたプログラムなので、勝てないようになっているだろうと思っている人がいても決して不思議ではないのですが、オンラインカジノはどの業者も勝手に運営できるものではありません。

サーバーの設置個所はカジノが合法な国でなければなりませんし、オンラインカジノの営業にあたっては国・行政から認可を受けなければならないのです。
イカサマを行う危険性のあるような業者は、残念ながら認可など下りません。
事実、オンラインカジノ業者を見るとオンラインカジノだけではなく、ホテルやリゾート事業を手掛けているなど、社会的な信用のある業者が運営しています。

仮にですが、そのような業者が裏でイカサマをしていた場合、オンラインカジノだけではなく、ホテルやリゾート事業そのものに対しての信頼性も損ねてしまいます。
少し利益を得たいがためにそのようなイカサマを行い、社会的信用を失うリスクを考えたら、イカサマなどする必要がないことが分かるのではないでしょうか。

まとめ

オンラインカジノはペイアウトの高さはもちろんですが、真っ当で健全な業者が経営している点もまた、安心して楽しめる理由の一つです。
一攫千金を狙えるのも、「健全に」狙えるもので、どれだけ利益を得たとしても何らデメリットはないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*