オンラインカジノの市場規模

オンラインカジノは、本物のカジノと違い、一般の方も手軽に楽しむことができるギャンブルです。一般女性が10ドルの入金で数億円のジャックポットが出たという話もよく聞くようになりました。そういった話を聞くと、「自分のオンラインカジノやってみようかな」と思いますね。ここ数年でオンラインカジノを楽しむ人口が一気に増えて市場規模も膨らんでいます。では、現在、オンラインカジノの市場規模はどの程度の大きさに膨れ上がっているのでしょうか。

オンラインカジノ

拡大をし続けるオンラインカジノの市場

オンラインカジノは、カジノを認可している国からライセンスを発行してもらわなければ運営することができません。ライセンスを発行する国は少なく、元はイギリス連邦加盟国のアンティグアが初めてオンラインカジノのライセンスを発行しました。
これは1997年の出来事ですが、現在では20ヶ国以上がライセンスを発行するようになりました。
ライセンスの発行を受けているオンラインカジノの運営会社は2000以上存在します。さらに、オンラインカジノのソフトウェア開発会社も数百社あるといわれており、この市場規模は現在も大きくなり続けています。世界中でオンラインカジノを利用している人口は3000万人以上といわれており、ヨーロッパではすでに有名サッカーチームのスポンサー企業になるなど、オンラインカジノの運営会社は市民権を得ています。

ネットエント

海外でのオンラインカジノを取り巻く状況

普及していると言っても、日本国内ではオンラインカジノはまだそれほど一般的なアミューズメントにはなっていません。ヨーロッパや、カナダ、オーストラリアなど、市場規模の大きい国では、オンラインカジノは日常的に遊ばれているエンターテイメントとなっています。それだけ運営会社やソフトウェア開発会社も利益を出しており、NASDAQやロンドン株式市場で上場しているオンラインカジノ運営会社やソフトウェア開発会社も多く存在します。

ジパングカジノ

日本語対応オンラインカジノの増加

日本語対応を行うオンラインカジノも増えています。中には、24時間日本語で電話サポートを受け付けてくれるというカジノも存在するはずです。それだけ日本のギャンブル市場と言うのは規模が大きく、オンラインカジノの運営会社も狙っているのでしょう。日本ではそれとは別に、カジノ合法化の動きもあるため、人気が火がつけば急激な拡大も見込めます。

現段階でのオンラインカジノの市場規模というのは、大きくなり続けており、運営会社やソフトウェア開発会社長も多数存在するため、具体的な金額としてこのぐらいの市場規模であるということは把握ができない状態ですが、これからも更に大きくなり続ける事は間違いないでしょう。